前の夫と別れてからは子供と2人暮らしになり、コンビニで働いていたのですが、子供がまだ幼いから中々目を離す訳にもいかないので、どうしても自宅でのお仕事がしたくて、現在は自宅でお仕事が出来るマダムライブのチャットレディをやって生計を立てています。
前の夫なんですけど、低所得なうえに甲斐性もなくケチで一緒にいるのが嫌になって別れてしまいました。
別れた夫がこんな感じだったから、次は所得の高い男性との出会いを求めていました。
高年収の男性と知り合って再び結婚して、そして玉の輿に乗る希望を持っていたのです。
そのためにお見合いパーティに出席して、条件の良い男性探しをするようにもなっていました。
だけど、そういうところに出席している男性たちが自分の考えるような人たちではありませんでした。
食事をする時すら割り勘にされてしまって、やっぱりケチな人は多いんだなというのが印象でした。
そんな私に、古くからの友達から再婚すると連絡が入ったのです。
彼女も私と同じシングルマザーで子供のいる女性です。
子供がいる彼女が子連れ再婚をすることに成功、しかも相手は収入の高い司法書士だと言うのです。
私が求めているような高収入の男性と知り合うことに成功している、これはとっても興味を持ってしまうものでした。
どうやったら相手を探せるのか、再会した時に聞いたところ、その方法がパパ活と言われてしまいました。
高い収入のパパと知り合い、気に入ってもらって子供まで養子縁組をしてもらうことになったと、とても明るい表情で言ってきました。
相手との知り合い方は愛人募集掲示板ではなく出会い系サイトを使用したと言っていました。
出会い系サイトは男性利用者の質が高いらしく、パパ募集することで愛人契約のような形でパパ契約ができ、食事だけでお小遣いをもらうこともできると言われてしまったのです。

さらに相手に気に入ってもらえば、そのパパと結婚することも可能になってくるのが分り、期待感が膨らんでいきました。
お小遣いをもらうことが、婚活にも繋がっていく、どちらにしても悪い部分がないと感じたのです。
バツイチでも問題なく相手を探すことができるらしいし、離婚してから生活も厳しかったですから思い切ってパパを探してみることにしました。
バツがついていてもでも出会いを探せると太鼓判を押して貰いましたから、彼女のように出会い系サイトを活用してみることにしました。

 

 できるだけ収入の高い男性との新しい出会いを求めていました。
古い友達がシングルマザーなのに、とっても素敵な出会いを探すことができたことには、私も驚くばかりでした。
彼女の新しい生活を祝う気持ちと共に、私もそういう良い人との出会いをどうしても探したい気持ちがさらに強まったという感じです。
30代でもバツが付いてしまっていても、パパ活は可能なことが分り気持ちが随分と前向きになっている私がいました。

 

定番サイト女性は一切無料男性は有料
パパ活サイトBEST5
パパ活の経験者が推奨する安全なサイト

 

 

名前:紗友
性別:女性
年齢:32歳
プロフィール:
 32歳のバツイチ・シングルマザーの私、前の夫のような低所得じゃなくて、セレブな人との出会いを求めていました。
そのために婚活パーティーなど出席をしてみたものの、ケチな男性ばかりとの出会いで嫌になってしまっていました。
できれば太っ腹な男性と知り合いたいと思っていたのですが、そんな頃に古い友達がリッチな男性と再婚を決めたと連絡が入ったのです。